これから仮想通貨投資を始めるならば心掛けたい4つのこと

仮想通貨投資は、バブルがはじけて、そしてもろもろ合った事件も収縮してきて、全体的に落ち着いてきている印象があります。

だから、今から仮想通貨投資を始めようという方は多くはないでしょう。

実際に検索数もすごく減っているといいます。

でも、逆に落ち着いて今だからこそ参入したいと考える方もいるでしょう。

ただこれから入るならば、心掛けたいことがあります。

参入してすぐに買わないこと

仮想通貨投資にこれから参入するならば、決して焦らないことです。

というのも、2018年5月現在の仮想通貨は、すごく落ち着いています。

一時期よりは上げているものの、だからといって順調に推移しているわけではなく、小さな範囲で上下動しています。

だから今はいると、最悪がっつり下げてしまう可能性もあるのです。

なので今すぐ参入して、すぐに買うのはおすすめできません。

では、どうやって買うのが正解なのでしょうか?

何かが起こるまで待つべき

その答えは簡単です。

何かが起こるまで待っていればいいんです。

たとえば、また何かの流出事件があったり、あるいはどこかの国で本格的に規制がはじまったり。

そんなこともそう遠く未来にまず起こるでしょう。

だから、それが起こるまで待ちます。

なぜそれが起こるまで待つかわかりますでしょうか?

そういうことがあった後には、大きく下げるからです。

そして大きく下げたところで買えばよいんです。

大きく下げた後には次第に戻ってきます。

だから、まず負けなくなります。

バブルが終わった後の仮想通貨は、こうやって戦っていくのが理想的なんです。

待っている間にするべきこと

でも、せっかく口座を開いたのに、何もせずに待っていないとならないのでしょうか?

それはそれでつまらないものです。

だから待っている間にはやるべきことをやりましょう。

それが、資金の投入です。

こまめに資金を投入しておいて、いざ何かあって下げた時に、しっかりとたくさん買えるようにしておくのです。

いくら下げるとはいっても、いきなり9割くらい下げることはありません。

だから、上げる際にも一気に5割くらい上げることは多くないのです。

そういう状況では元資金がないと厳しいです。

ただ逆に言えば元資金があればあるほど儲けになります。

だから、待っている間に少しずつ増やしていくのがおすすめです。

もちろん無理のない範囲で。

チャートの読み方はしっかりと学んでおく

仮想通貨では、日足や何時間足などのチャートを見て買っていくのが基本です。

これが株であれば、たとえばキャッシュフローや業績などに応じてよい銘柄を探していくことができます。

でも仮想通貨の場合にはまだ何もできていないものがほとんどになります。

期待値だけで買われているような現状になっているのです。

だから判断基準がすごく少ないです。

では何で判断していけばよいのか。

それはやはりチャートの動きです。

チャートの動きだって、万能ではありません。

でも、それの見方を知っているのと知らないのでは、全然判断レベルは違ってくるでしょう。

自信をもって判断するために、それを学んでおくべきなのです。

自信がないと、すぐに売ったり変なタイミングで買ったりして損するようになってしまいますから。

本やネットなど勉強できる機会は多い

今の時代は、すごく勉強するのに向いている時代になります。

たとえば、チャートの読み方をyoutubeなどで解説してくれているようなものもあります。

そうして解説してくれていれば、いうなればオンライン塾で勉強しているのと同じような効果を得ることができます。

そして当然本もたくさん出ています。

だから、それらを読むのももちろん効果的です。

チャートの読み方は、それがFXであっても仮想通貨であっても株であっても基本的には変わりはありません。

なのでどれを買ってもよいでしょう。

いろいろと見比べてみて、自分の頭に一番入りやすいものを選んでいってください。

こういう本にも表現方法や文体などいろいろと比べるところがあり、頭への入りやすさは全然違ってきますから。

積極的に情報収集をする

今のタイミングは、ちょうど仮想通貨が落ち着いているタイミングになります。

それはいうなれば嵐の前の静けさです。

これから大きく上げたり下げたりすることは必ず起こります。

それはどこから起こるのかというと、やはり情報です。

どこかの国がこんなことをするらしい、こんなことをすることに決まった、そんな情報によって上がったり下げたりするのです。

ということはつまり、その情報をしっかりとつかんでいないとならないということになります。

だから、これから仮想通貨に参入するならば、情報収集の経路をしっかりと持っておきましょう。

ツイッターやネットメディアを駆使して

それはやはり、ツイッターやネットメディアを駆使しておこなうのがおすすめです。

特にツイッターは情報が回るのがすごく早いです。

ネットメディアの場合は、選択肢がすごくたくさんあります。

だから、自分一人でそれらを全部チェックするのはまず無理です。

でもツイッターであれば、そういうところから誰かが情報を引っ張ってきてくれるので、みんなで戦うことができるようになります。

結果よりスピーディーに情報を得ることができるようになるのです。

もしツイッターアカウントを持っていない方は、参入前に作っておくことをおすすめします。

そして情報を発信してくれるような方を片っ端からフォローしていくとよいでしょう。

爆上げを期待しない

これから仮想通貨に参入するのであれば、爆上げは期待しないように心がけるのがおすすめです。

実際これからは、爆上げは考えづらいです。

たとえばビットコインが1000万円になるかと言われたらそれはやはり現実的ではありません。

しかも、もし1000万円になったとしても、それはただの10倍です。

もちろん10倍でもすごく大きな儲けになることは間違いありませんが、仮想通貨投資をする方の多くは、100万円単位の儲けを期待しているでしょう。

でもそんなことはやはり起こりづらいのが今の仮想通貨なのです。

それが起こる可能性があるとしたら、やはり草コインと呼ばれる海外の取引所にしかないようなものか、あるいはICOの銘柄を狙うことです。

しかしICOは、詐欺事件も多発しています。

そして今後規制される可能性が極めて高いです。

だから、それに期待していると、うっかり大損をしてしまう可能性があるのです。

最初から爆上げを期待していなければそうなることはありません。

あくまでも、数倍程度のリターンを目指していくのがおすすめです。

数倍程度ならば寝られる銘柄はある

たとえば2倍3倍であれば、まだまだ狙える銘柄はあります。

だから、それくらいであれば現実的ですし、熱くなってしまって大損になるということはなくなるでしょう。

これから参入して買っていくためには、そういう姿勢が大切です。

一昨年に参入するのと今年参入するのでは状況が全然違うというのは理解しておくべきです。

そして、現実的で負けない戦い方をしていきましょう。

まとめ

仮想通貨にこれから入るのであれば、このように慎重さをもっていないといけません。

でもしっかりと勉強をしつつ、現実的に慎重に戦っていけば、うまく乗りこなしていける可能性は高いです。

だからそういう姿勢でいられるのであれば今から入るのも全然ありでしょう。

ぜひうまく乗りこなして、少しずつでも儲けていってください。