どっちを使うのが良いの?仮想通貨取引所と販売所それぞれのメリットデメリット

仮想通貨には、取引所というものもあれば、販売所というものもあります。

二つあるのですから当然それらには、メリットもあればデメリットもあるんです。

では、仮想通貨取引所と販売所には、それぞれのどのようなメリットデメリットがあるでしょうか?

ここではそれぞれのメリットデメリットについて見ていきたいと思います。

仮想通貨取引所はトレードをするところ

仮想通貨取引所は、その名の通り、仮想通貨のトレードをするところになります。

仮想通貨のトレードというのは、「この仮想通貨をいくらで売りたい」という人の注文と、「この仮想通貨をいくらで買いたい」という人の注文を結びつけることです。

つまり、自分が買いたい価格で、あるいは売りたい価格で取引をすることが出来るのが仮想通貨取引所なのです。

ですがその取引の注文は、100パーセント自分の好きに出来るわけではありません。

正確には注文自体はある程度自分の好きにできます。

現在価格の何倍あるいは何分の1までという制限があることが多いですが、それでも基本的には自分の好きに出来るのです。

ただたとえば、ビットコインの今の一番高い買い注文が80万円だという時に、60万円で買い注文を出しても、それが成立する可能性は極めて低いということです。

一番高い買い注文が80万円の時には、基本的には一番安い売り注文は80万円以上になります。

そんな時に60万円で買いたいと言っても、それが成立する可能性は極めて低いです。

それが成立するのは、よほど大量の売りが入った時くらいになります。

でもそんなことはそうそうおきません。

注文は出せたとしても、必ずしも自分の好きな価格で取引できるわけではないのです。

取引所のメリットはどこにあるのか

そんな仮想通貨取引所のメリットとしてまず挙げられるのは、「安く買って高く売ることが出来る可能性が高い」ということです。

自分である程度価格を決めることが出来るのですから、安く買えるような注文を出して、それが通るまで待っていれば良いのです。

そして売るときにも、少しでも高く売れるような金額で注文を出して、それが通るまで待っていれば良いです。

そうすることによって、安く買って高く売ることが出来るようになります。

仮想通貨で儲けを出すためには、当たり前の話ではありますが、安く買って高く売らないとなりません。

高く買って安く売っていたら、儲けはその分少なくなりますし、何なら損をしてしまう可能性も高いです。

そうならないようにできるので仮想通貨取引所は、おすすめできます。

多くの人は取引所を使う

実際、よほど始めたてということでもなければ、ほとんどの方は仮想通貨取引所を使います。

その理由は当然、安く買って高く売ることが出来るからです。

仮想通貨で儲けを出したいと考えているのであれば、取引所を使うのがおすすめです。

デメリットは覚えることが多い点

では、仮想通貨取引所にはデメリットはないのでしょうか?

そんなことはありません。

仮想通貨取引所にもデメリットはあります。

それが、覚えることが多いという点です。

仮想通貨取引所で取引をするためには、まずたくさん流れてくる数字の、どちらが買い注文の数字で、どちらが売り注文の数字なのかということを覚えないとなりません。

だいたいの場合で色分けされていたりしてわかりやすいですし、冷静に考えれば、高い方が売り注文で、数字が少ない方が買い注文だということはわかります。

でも、焦っている時などではわからなくなるものなのです。

また、指値と逆指値、あるいはその取引所ならではの言葉なども覚えないとなりません。

指値というのは、いわゆる注文の数字です。

つまり78万円でビットコインを買いたければ、指値は78万円になります。

逆指値とは、その数字よりも低くなったら買いを出すとか、高くなったら売りに出すとかいう基準の数字です。

出来ればその機能がある取引所で取引をすることがおすすめです。

仮想通貨の取引所の中には、それがあるところとないところがありますから。

販売所は会社から仮想通貨を買うところ

取引所は、ユーザー同士が仮想通貨のトレードをするところでした。

では、販売所とはどのようなところになるでしょうか?

仮想通貨の販売所とは、その販売所の運営会社から、仮想通貨を直接売買するところになります。

つまり、誰から仮想通貨を買うのか、あるいは誰に仮想通貨を売るのかというところに大きな違いがあるのです。

デメリットは取引金額がユーザーに優しくないこと

当然ながら会社の場合は、絶対に安く買って高く売らないとなりません。

そうでないと会社が倒産してしまいます。

なので、仮想通貨販売所の場合は、買い注文では値段を高く設定され、売り注文では値段をすごく安く設定されてしまうんです。

たとえばどこかの販売所で、買った仮想通貨をすぐに売りに出したら、大きく損をしてしまいます。

トレードの場合は、買ってすぐに売りに出しても、良い時には損が0になるということもあります。

それから考えると、販売所で売り買いするのがいかに損かわかるでしょう。

販売所は何が良いのか

このように、販売所を利用するよりかは取引所を利用する方がはるかに良いです。

でも、実際には販売所を利用している方もいます。

ではそういう方はなぜ仮想通貨の販売所を利用しているのでしょうか?

そういう方が仮想通貨の販売所を利用するのは、取引がすごくスピーディーというメリットがあるからです。

仮想通貨取引所で仮想通貨を買うとなると、注文が通るのを待たないとなりません。

しかし、仮想通貨販売所の場合は、すでに出ている決まった価格に対して、どのくらいの数量を買うかということを伝えるだけで良いのです。

いうなれば、アマゾンで本などを買う際と同じ感覚で買うことが出来ます。

決済した瞬間、仮想通貨が手に入るのです。

たとえば、暴落が始まった瞬間とか、あるいは暴騰が始まった瞬間には、取引所だとなかなかうまく注文が通らなかったりします。

そうしている間に価格が大きく下がってしまい、損切が出来ないとか、暴騰が終わってチャンスを逃してしまうとか、そういうことが起こるのです。

でも、販売所であればすぐに売買が出来るので、そのチャンスを逃すことはありません。

そういうタイミングで、販売所を利用するという方はいます。

販売所は簡単なのもポイント

また販売所は、取引が簡単というメリットもあります。

取引所の場合は、買い方に際して覚えることも多いですし、実際どのくらいの買い注文あるいは売り注文であれば通るかという、そのバランスをとるのが難しかったりします。

でも販売所はそんな難しいことはありません。

アマゾンで本を買うのに難しいと思ったことがある方はそうそういないでしょう。

それと同じ感覚で買うことが出来るのですから、販売所で仮想通貨を買うのもすごく簡単なのです。

ただその分、買う金額は高くなり、売る金額は安くなってしまうデメリットもありますから、頻繁に利用するのはおすすめできません。

頻繁に利用すればするほどに、損する可能性は高くなっていきます。

まとめ

仮想通貨取引所は、ユーザーとユーザーで取引をするところ。

販売所は会社とユーザーで取引をするところ。

取引所は安く買って高く売ることがしやすく、販売所はそれが難しいというのが一番のポイントになります。

最初は操作が簡単な販売所からはじめても良いかもしれませんが、安く売って高く売りたいのであれば、早めに取引所に移行するべきです。