今後はどうなるかな?仮想通貨のこれからの未来を予想!

仮想通貨は、まだまだ実使用が広まっているわけではありません。

小さくであれば使えるところは出てきてはいますが、けっしてまだまだ本格的ではないのです。

では今後仮想通貨はどのようになっていくのでしょうか?

もちろん未来は誰にもわかりませんから絶対にこうなるとは言えません。

しかし、ある程度自分なりに予測してみたいと思います。

実使用が達成されない仮想通貨が増える

まず一つ言えるのは、実使用が達成できない仮想通貨が増えるということです。

たとえば2018年には、ライトコインという仮想通貨の、ライトペイという決済サービスが始まる予定でした。

でも、実際にはそれは断念しています。

ライトコインは、ビットコインやイーサリアムほどではありませんが、人気のコインであることは間違いありません。

そんなレベルの仮想通貨であっても、そういうことが起こりえるのです。

今現在世界中には1000種類以上の仮想通貨があると言います。

それらが全て残っているということはありえるのでしょうか?

なかなかそれは厳しそうです。

立ち上げるだけ立ち上げたけど、理想が叶わず結果何もおこらないまま消えていってしまう。

そんな仮想通貨が増えるのは当然の流れに見えます。

実際には統合される可能性も高い

ただ何もなく消えてしまうというよりは現実的には、統合される可能性の方が高くは思います。

たとえばポイントカードを想像してみてください。

一時期日本にはすごくたくさんのポイントカードがありました。

しかし今では、大体のポイントがTポイントかポンタポイントか、楽天ポイントになっています。

それらのどれかが使えるというお店はすごく多く、逆にそれらのどれでもないポイントが使えるお店はすくないです。

マツモトキヨシなど、独自のポイントがあるお店もありますが、多くはこれらのポイントになっています。

これはまさに仮想通貨の似ていると思いませんか?

あまり力のない、実使用が出来そうにない仮想通貨を統合して、価値を高める仮想通貨が増える可能性は高いです。

そしてやや強いところは、独自の仮想通貨としてほそぼそと残っていくのです。

国が仮想通貨に参入することも増えていく

たとえばベネズエラのように、国が仮想通貨に参入する事も増えていくのではないかと予想します。

ベネズエラは、確かに金融的にはパニック状態でした。

元々発行していた通貨の価値は、通貨をばらまきすぎて大暴落していたのです。

結果物価はあがりにあがり、もう経済的にはカオスとなっていたのです。

そんな時に仮想通貨に参入しました。

仮想通貨であれば、紙幣とは違い発行コストも低いですし、ぴったりだったのでしょう。

また、ロシアでも仮想通貨を法定通貨にしようという動きがあります。

ベネズエラはともかく、ロシアと言えばアメリカに勝るとも劣らない超大国です。

そんな国が仮想通貨を法定通貨にしたら、それに追随する国がいくつも出てきてもなんら不思議ではありません。

では国が仮想通貨を発行するとどうなるでしょうか?

使い道のない仮想通貨が増える可能性は高い

国が発行している仮想通貨があれば、当然ながらその国のお店ではまずソレを使用できるようにしないとならなくなる可能性が高いです。

ということは、必然的にそれの価値はあがります。

それの価値があがっていけば、当然他の仮想通貨の需要がなくなっていく。

結果やはりここからも、消えていく仮想通貨が生まれることが考えられるのです。

特に使い道が限られていない仮想通貨はドンドン消えていくはずです。

逆ににっちな使い道がある仮想通貨は、そのまま生き続ける可能性は高い。

そうなった時には、それを持っていることで大儲けになる可能性もあります。

今からどれを仕込んでおくのかを、こういうことを考えつつ検討するのもおすすめです。

世界的な動きは統一される可能性が高い

今は、仮想通貨の規制に関してはそんなに足並みがそろっている状況とは言えません。

しかし今後は、世界的に足並みが揃えられていく可能性が高いです。

たとえば、紙幣や貨幣だって、今では世界中で使用されていますが、昔はそれを使用している国もあれば使用しない国もありました。

でもそのあたりを東一しないと、どうしても貿易などはやりづらくなります。

今の時代、大貿易時代とも言える時代です。

昔よりさらに貿易の重要性は増してきています。

これだけネットが発達して、世界中と個人的に取引できる時代になっているのにルールのせいでそれが出来なくなったら前時代化してしまいます。

そしてそれは、金融ルールにおいても同じなのです。

せっかくお金の自由度があがっているのに、何処かの国とはそれで取引が出来ないとなると、その国をなんとか説得しようとさせることも増えてくるものなのです。

実際この世界には貿易協定が多々ありますから、そうなる可能性は極めて高いです。

特に仮想通貨が法定通貨とされる国が増えてきたらなおさら。

なので、使えるならば全世界で自由に使えるし、使えないならば裏でしか使えないという事になる可能性が高いです。

全世界で使えなくなるパターンはあるのか

仮想通貨の規制は、まだまだそこまで厳しいものはありません。

中国では取引が禁止されていますが、そういうところは多くはないです。

どちらかと言えば、ルールを整えつつ認めていこうという動きの方が多く見えます。

だから、全世界で仮想通貨が使えなくなるという可能性は決しては高くはないです。

もちろん0ではないので、リスクには注意しないとなりませんが。

たとえばVHSを想像してみてください。

あれだけ色々大企業が取り組んできたVHSが、まさか姿を消すとはだれも想像していなかったはずです。

そんな風に想像していない事が起こりえるのが世界ですから、仮想通貨が表舞台から完全に姿を消す可能性も0ではありません。

投資商品としての価値は落ち着く

仮想通貨の未来では、やはり投資商品としての価値は落ち着くことが予想できます。

なぜなら実使用が広がるからです。

実使用が出来るようになれば、それの価値が異常に変動していたのではすごく困ります。

たとえばさっきまで10万円だったものが、3分後に14万円になっていたら、実使用の際に困る事も出てくるはずです。

ましてや国が仮想通貨を発行するとなれば、ますます上手くコントロールするようにしたがるでしょう。

だから、あまり投資商品としての価値は高くはなくなるはずです。

それはちょうど為替レートのように。

為替レートは、価値は上下しますが、大きく上下するものではありません。

1日に1円動くことなんてそうそうない位です。

仮想通貨も今後はそうなっていく可能性が高いです。

投資をするならば今のうちに

だからこそ、投資をするならば早いうちにはじめておくべきなのです。

早くはじめた方が、少なくとも価格の上げ下げで一喜一憂できる楽しみや、ノーレバレッジでも十分勝負できるふり幅があります。

特にあまり資金的に余裕がない人こそ、なるべく早くはじめておくべきになります。

まとめ

仮想通貨の未来は誰にもわかりません。

だからここで見てきた仮想通貨の未来が、本当に合っているかどうかは不透明です。

でも、こうなる可能性があることは確かです。

なので、これから仮想通貨に参入していく際には、自分なりにこれからの仮想通貨の未来を想像しながら取り組んでいくことが大切になります。

そうでないと、知らないうちに損してしまう可能性もでてきますから。