仮想通貨で儲けるにはどうすれば良い?儲ける為の方法まとめ

仮想通貨で儲けるためにはいくつかの方法があります。

どうせ仮想通貨を始めるのであれば、やはり大きく儲けたいと思うものですよね。

でもただ何も考えずにやっていても、もうけられない可能性が高くなります。

儲けていくためには、ポイントがあるのです。

そこでここでは、仮想通貨で儲ける為の方法についてまとめていきます。

ドルコスト平均法で購入するようにする

投資には、ドルコスト平均法というものがあります。

ドルコスト平均法というと、大層なものにみえますよね。

だから、すごく難しいように思えるものです。

でも、その実それはすごく簡単です。

要するに、毎回同じタイミングで定期的に購入するというのが、ドルコスト平均法なのです。

積み立てのようなものですね。

では、なぜドルコスト平均法で買うと儲けが出やすくなるのでしょうか?

高い時にも安い時にも買えるから

ドルコスト平均法の強みは、チャートの上下の影響が少ないことです。

たとえば、毎月1日10000円分の仮想通貨を買うとします。

毎月1日のその仮想通貨のチャートは、高い時もあるでしょう。

またあるいは、相対的に見て低い時もあります。

基本的には投資アイテムは、安い時に買って、そして高い時に売るのが鉄則です。

でも、いつが高い時なのか、あるいはいつが安い時なのかはわかりづらいです。

だから、高く買ってしまったりすることも多いのです。

しかし、こうして毎月1日買うと決めていれば、高い時に買う事もあれば、低い時に買う事も当然出てきます。

結果的に、その仮想通貨の平均的な値段で買う事が出来るようになるのです。

あとは、ある程度その仮想通貨の相場があがってきたタイミングで売れば良いだけです。

そうすれば、多少なりとも儲けが出るという事になります。

必ずしもそうなるわけではない

ただ気を付けてほしいのは、必ずしもそうなるわけではないという事です。

たとえば、毎月1日になぜかどの仮想通貨も高くなってしまうということも、ないとは言い切れません。

確立としてはかなり低いですし、そうなったらもう運が悪いとしか言えませんが、そうなる可能性も0ではないのです。

それは、これから紹介していく方法にも言えることですが、理論的には儲けが出る可能性が高くても、必ず儲けられるわけではありません。

そんな方法があれば、誰もがそうしているはずですから。

仮想通貨FXでレバレッジをかける

仮想通貨にレバレッジをかけて勝負が出来るビットコインFXのようなものがあります。

名称は違うこともありますが、レバレッジをかけることが出来るのです。

そして仮想通貨のレバレッジありの取引には、一つの大きな利点があります。

それが、追証が無いことが多いという事です。

たとえばレバレッジをかけすぎると、もともと預けていた証拠金を下回ってしまう事が出てきます。

その証拠金を下回ってしまうと、一般的なFX等では、追加証拠金、いわゆる追証を求められます。

追証というのは、「下回った分を補てんしてね」というものなのですが、たとえばレバレッジを10倍とか25倍くらいにしていると、多額の追証を求められることが出てきてしまうのです。

それはつまり、負債です。

それは避けないとなりません。

でも、仮想通貨のFX出は、多くのところはそのシステムが無いというのです。

つまり、証拠金は0になる可能性はありますが、それ以上のリスクはないということです。

レバレッジとはそもそもなにか

そもそもレバレッジが分からないという方もいるでしょう。

レバレッジとは簡単に言うと、自分が持っているお金以上のお金で勝負をすることが出来るようになるシステムのことです。

たとえばビットコインを100万円とした時に、25倍のレバレッジで勝負していれば、約4万円くらいで1ビットコインが買えるのです。

4の25倍が100万円になりますから。

そうして多くの金額をかけることが出来るようになれば、儲けが出る可能性が高くなるのです。

たとえば100万円のビットコインが101万円になったところで、4万円分しかビットコインを買う事が出来ていなければ、1パーセントアップで40400円にしかなりません。

でもレバレッジ25倍で勝負することが出来ていれば、100円分買う事が出来ているので、増えた1万円の分が貰えて1万円稼げたことになるのです。

もちろん手数料がかかるので、実際にそれだけ貰えるわけではありませんが、システム的にはそういうことです。

仮想通貨のFXの場合は、もっとも怖い追証のリスクがなくそれが出来るわけですから、間違いなく儲けを出すための効果的な方法になります。

なくなるリスクも高い

ただしこの方法は、もともと預けたお金が0になる可能性も高いです。

0にはならなくとも、かなり減らしてしまう可能性はかなり高いのです。

なぜならビットコインの値動きは大きく激しいですから。

なのである程度の覚悟は必要です。

分散投資をする

仮想通貨でも他の投資でも、儲けを出すためには分散投資をするというのが効果的になります。

たとえばビットコインだけに10万円つぎ込むのではなく、ビットコイン2万円、ネム2万円、イーサリアム2万円…という風に分散して投資していくのです。

そうすれば、ビットコインだけがあがらなくて他の仮想通貨が上がる時にも儲けが出ますし、逆の場合でも儲けが出ます。

結果、プラスになる可能性が高くなるのです。

ただ今はほとんど連動している

ただ現状仮想通貨は、ビットコインがあがれば全部上がるし、下がれば全部下がるという風に、かなりの数の物が連動しています。

まれにどこかの仮想通貨に何らかの材料が出れば、それだけがあがる事もありますが、基本的には連動しているのです。

だから、現状ではすごく効果的な方法だというわけではありません。

しかしこれからはそれぞれが独立して動くようになることも考えられるので、もしそうなれば効果的な方法になるので、おすすめです。

元資金を大きくする

仮想通貨で儲けを出すためには、元資金を大きくするということも効果的です。

ビットコインでは、1万円2万円くらいは毎日値動きします。

つまり、1ビットコインを買えるだけの財力があれば、毎日1万円あるいは2万円程度の儲けを出すことが出来る可能性が高くなるのです。

逆に財力が無いと、1ビットコインが88万円から90万円になったところで大した儲けにはなりません。

たとえば1万円分買っていたとしても、1万数百円にしかならないのです。

それでは儲けが出ているとは言えません。

だから、基本的にはある程度の元資金は必要なのです。

仮想通貨は比較的に元資金が無くても儲けが出せるものですが、それでも決してお金がない人にやさしいわけではありません。

10万円はほしいところ

もし儲けを出すのであれば、最低でも10万円くらいは欲しいところです。

10万円であれば、たとえば5パーセントアップでも、105000円になります。

つまり5千円の儲けがでるのです。

それでもあまり喜べはしませんが、毎日それくらい稼げる可能性があるというだけでも、十分でしょう。

まとめ

仮想通貨で儲けを出すためには、こうした方法を参考にしてみてください。

どれも完ぺきな方法ではありませんが、ハイリスクの方法もあれば、ローリスクでコツコツ戦う方法もあります。

自分にあった戦い方をして、是非チャレンジしてみてください。

そして儲けを出していき、仮想通貨の取引を楽しめるようになっていってください。