仮想通貨はもう遅い?仮想通貨の次の投資先を逃さないためのポイント

仮想通貨は、現状驚異的な上がりをしたのちの休息期にあります。

なので、今から投資をして、大きく儲けることは想像しづらい状況です。

こんな時に思うのが、もっと前から投資をしておけばよかったということ。

でもそれは今から思ってももう遅いです。

大事なのは次の機会を逃さないことです。

ではどうすれば次の機会を逃さないでいられるでしょうか?

仮想通貨はまだある程度は稼げる可能性が高い

これからのことを考える前にまず、仮想通貨についてもう一度考えておく必要があります。

仮想通貨は、これから先投資をしても全くもうからないのでしょうか?

その答えは誰にもはっきりとはわかりません。

ただ一つ言えるのは、まだまだある程度は儲けることができる可能性はあるということです。

それにはもちろん理由があります。

まだ実用が始まっていないから

それは、多くの仮想通貨でまだまだ実用が始まっていないからです。

今現時点でも、仮想通貨の実用が少しでも始まれば、その仮想通貨の値段は大きく上げます。

良い時には50パーセント程度上げることがあります。

それも一日で。

もっと長い目でみれば、1週間で2倍くらいになることは全然あるのです。

では、実際に多くの仮想通貨で本格的に実用が始まったらどうでしょうか?

もっともっと上がる可能性が高いですよね。

だから、まだまだ仮想通貨投資は終わりではありません。

もちろん、2010年から投資している人のように、億単位で儲けられる可能性はかなり低いです。

元資金がかなり高ければそれも可能でしょうが、多くの場合でそれは厳しいのです。

でも、元資金を5倍6倍にすることができる可能性は十分にあります。

データと照らし合わせたからこそ生まれた考え

この、仮想通貨がまだまだある程度は上がる可能性が高いというのは、これまでの実用のデータと照らし合わせたからこそ生まれた考えです。

もちろんまだこれが確実にあっているかどうかはわかりませんが、データと照らし合わせて考えないと、完全に勘だけで考えることになります。

それと比べると、こうしてデータと照らし合わせて考えた方が信ぴょう性は高そうに思えるものです。

このように、データと照らし合わせて考えることは、これから先、次の投資先を探す際にもすごく大切になります。

なので、データを集めることは常に続けていくとよいでしょう。

世界中にアンテナを広げる

投資をする方の多くは、2010年から仮想通貨に投資をしている人のように、億を超える利益を得たいと思うものです。

それもなるべく少ない元資金で。

では、実際どうすればそれが可能になるでしょうか?

そのためにはまず欠かせないことがあります。

それが、世界中にアンテナを広げることです。

世界のどこに種があるかわからない

仮想通貨のような、これから値上がりする可能性のある種は、世界のどこにあるかわかりません。

日本にもあるかもしれませんし、新興国にあるかもしれません。

あるいはアメリカやロシア、中国のような大国にある可能性もあります。

もし日本しか見ていなかったら、かなりの確率でその大儲けの種を逃がします。

だから、そうならないように世界中の種を探さないとならないのです。

世界中にアンテナを巡らせるには

では世界中にアンテナを巡らせるためにはどうしたらよいでしょうか?

一つはやはりネットで探すことですが、これはあまり現実的ではありません。

ネット上の膨大な情報の中から、自分が求める情報を見つけるのは容易ではありません。

ましてや世界中の情報ともなるとかなり大変です。

一番現実的なのは、コミュニティーに入ることです。

信頼できるコミュニティーを見つけて、そこで情報交換をして、情報を得るのです。

外国人も受け入れてくれるコミュニティーがあれば、自分は日本の情報を提供して、そしてほかの方からは海外の情報をもらうということができるようになります。

そうすれば、自分は日本のことを調べるのに集中できるので、効率はぐっと上がります。

これが一番現実的なのです。

もっとも、信頼できるコミュニティーを見つけることは簡単ではないですが。

元資金をしっかりと集めておく

億単位の儲けをするためには、元資金がある程度必要になります。

それは、一つの投資先で大儲けをしたいからではありません。

そうではなく、投資先の幅を広げるためです。

当然ながら、仮想通貨のように大盛り上がりをする投資先というのは、簡単には見つかりません。

自分では良いと思った投資先があったとしても、それがはずれになってしまう可能性は高いのです。

だからこそ、こういう初期投資では分散が必要になります。

たとえば、元資金が100万円あって、一つのものに100万円をかけても、負ける可能性は高いのです。

そうではなく10万円を10個のものに投資をします。

この段階での投資は、1000倍10000倍になることだって十分考えられますから、100万円もかける必要はないのです。

だったらやはり、分散しない手はありません。

資金がなくて手が出せないのが一番後悔する

あの時投資しておけばよかったと思うことは誰でもあります。

でも、判断ができなくて投資しておけばよかったと思うのと、投資はしたかったけどお金がなくて投資できないのでは、後悔の質が違います。

基本的には、お金がなくて投資できないほうが後悔するのです。

だって、投資はしたいと思っていた、つまり正しい判断はできていたことになりますから。

なので、そうならないようにしないとなりません。

常日頃からなるべく無駄使いは控えて、少しでも現金をためておく必要があるということです。

もちろんしっかりと働いて収入を増やすことも大切です。

投資をしている人の多くは、将来不労所得で暮らしたいからそうしているということもあるでしょう。

でもそうするためには、一時期の頑張りは必須なのです。

社会情勢を勉強する

新しい投資先を見つけるためには、社会情勢を勉強することも大切になります。

コミュニティーから情報を得るためには、自分も情報を提供しないとなりません。

そのためにはやはり、社会情勢などについてしっかりと把握して、こういうときにはこういうものの需要が高まるとか、そういうことを知らないとならないのです。

そして当然、どういうものが信頼できてどういうものが信用できないのかということも把握しないとなりません。

そのためには、社会情勢を知ることは大切なのです。

ではどうすればその勉強ができるでしょうか?

利用できるものはすべて利用する

勉強に関しては、利用できるものはすべて利用した方が良いです。

たとえば、本で勉強することも大切ですし、ネットで勉強するのも良いでしょう。

あるいはテレビ番組で勉強するのもおすすめできます。

特にテレビ東京では、そうした社会的な番組をたくさんしているので、ただ見ているだけでも十分に勉強になります。

そういう癖をつけて勉強をして、うまく経済情報と組み合わせていけば、自分なりの理論もできていくでしょう。

結果、より情報をうまく扱えるようになるのです。

まとめ

仮想通貨の次の投資するものを見つけるのは決して簡単ではありません。

2010年から仮想通貨に投資している人が全然いないことからもそれはわかるのではないでしょうか。

ただできることはありますし、それが不可能なわけではありません。

だから、ぜひ今のうちからしっかりとアンテナを巡らせて、そうできるようにしていってください。