仮想通貨は草コインがねらい目?草コインを買う際の注意点とは

仮想通貨は、一般的によく知られているビットコインなどの他にも、まだまだ種類があります。

まだ一般に全然知られていないようなコインには、これから先伸びしろがすごくあるのです。

だからすごく人気になっています。

でも、そんな草コインと呼ばれるものを買う際には、注意点もあります。

ここではそんな、草コインを買う際の注意点について紹介していきます。

草コインはどうやって買うのか

草コインを買う際の注意点を見ていくまえにまず、そもそも草コインはどのようにして買うのかと言う事を見ていかないとなりません。

なぜなら、草コインは、残念ながら日本の取引所では買う事が出来ないからです。

日本の取引所では、基本的には有名な仮想通貨しか置いていません。

それはやはり、その方が安心して取引が出来るという、消費者保護の一面もあるのでしょう。

ただ、買う方としてはやはり草コインを狙いたくなります。

だから、草コインが買えるところを探さないとなりません。

でも草コインはどこで買えるのか。

草コインは、海外の取引所で買う事ができます。

たとえばバイナンスと言う世界でも有数の取引所だったり、クーコインと言うそれに次ぎつつあるような取引所だったり。

なのでまずはそういうところに登録して口座を作っていかないとなりません。

日本語対応しているところもある

海外の取引所に口座を作るというと、すごく難しそうに思えることもあります。

でも実はそんなことはありません。

海外の取引所でも、日本語表示に対応しているところがあります。

だから表示を日本語にしてしまえば、日本の取引所に口座を作るのと大差ない感じで開設を進めていけます。

もちろんその日本語は完璧ではありませんが、それでも英語のまま進めるよりははるかにやりやすいものです。

とにかくまずはそうして口座を開設してください。

日本の取引所の口座も必要

ただ、海外の取引所は、海外の取引所の口座を作るだけでは取引できません。

海外の取引所で取引がしたいのであれば、日本の取引所にも口座を作る必要があるのです。

なぜなら海外の取引所では、日本円の取引が出来ないからです。

というか基本的に、仮想通貨対仮想通貨の取引しか出来ないことが多いです。

だから、まずは日本の取引所でビットコインやリップルなどの仮想通貨を買い、それを海外の取引所に送信して、それを利用して取引しないとならないのです。

あるいは、取引所を開設しなくても、ウォレットを作って、そこに誰かから直接仮想通貨を買って送ってもらい、それを送信するという方法もあります。

ただそれはやはり最初のうちはやや複雑になってしまうので、基本的には日本の取引所の口座を開設するのがおすすめです。

草コインは上げる時にはすごく上げる

草コインが人気となっている理由は一つです。

それは、爆あげが期待出来るからです。

基本的に、もうすでに人気となってるような仮想通貨は、上げる時にもせいぜい2倍3倍、よくて10倍くらいしか期待できません。

でも草コインの場合は、日本円にして1円くらいのものもたくさんあります。

なんならもっと安いものもあるのです。

もしそれらが、今人気となっている仮想通貨くらいまでクラスをあげていけば、100倍1000倍の上がりも期待できるのです。

たとえ1万円しか投資していなかったとしても、それらが100倍1000倍になれば、100万と1000万円になりますよね。

普通に仮想通貨に投資して、100万や1000万円を稼ぐには、やはりそれなりの元資金が必要になります。

でも、草コインの場合はそれが要らないのです。

だからたとえば、あまりお金を持っていないひとでも一発逆転が狙えます。

仮想通貨をしている人の多くは、やはりそうした一発逆転を狙う人になります。

なので、草コインが人気になっているのです。

価値がなくなる可能性もある

ただ草コインは、リスクが高いです。

たとえば、価値が無くなる可能性もあるのです。

そもそもの価値が限りなく0に近いわけなのですから、それの価値が本当に0になっても不思議ではありません。

ビットコインが0になるまでは、数十万円から数百万円の猶予があります。

でも草コインの場合はその猶予が全然ないのです。

猶予がないわけなのですから、価値が0になる可能性はあります。

それには注意が必要です。

上場廃止の可能性もまずまず高い

また草コインは、上場が廃止されてしまうというリスクもあります。

もちろんそのリスクは、別に草コインに限った話では有りません。

たとえば日本でも、コインチェックで複数銘柄の上場廃止が決まっています。

そのようにいきなり取引が出来なくなることがあるのです。

でもそれはやはり、有名な仮想通貨の場合はそうそうありません。

有名な仮想通貨が取引できなくなるとしたらそれは、取引所自体がつぶれたりした時でしょう。

だから、あまりリスクは高くないのです。

しかし草コインは違います。

草コインは、より上場廃止のリスクが高いです。

もちろん上場廃止されてもいきなりお金が0になるわけではないですが、期限内にどうにかして何かに変えないと、その仮想通貨がどうしようもなくなる事はあります。

しかも海外の取引所なのでそれに気が付かない事もあるのです。

なので注意が必要です。

草コインこそ余剰資金で

このように草コインはリスクが高いものになります。

でもリターンは期待できる。

なので草コインを買う際には、あまり資金を投入しすぎないことがおすすめです。

あまり投資しなくても高いリターンが狙えるわけなのですから、あえてたくさんの資金を投入することはありません。

それは確かに、10万円投資していたものが1000倍になれば、それだけで1億円になり、億り人の仲間入りになります。

でも、それ以前に10万円が限りなく0に近い数字になってしまう可能性の方が高いです。

だから、それはあまり得策ではありません。

たしかに1億円貰えるのは誰だって憧れます。

でも、無理してねん出した10万円が消えてしまう可能性が高いというのは嫌だという方は多いはずです。

では1万円くらいであればどうでしょうか?

1万円が消えてしまうのだって、基本的には嫌です。

ですが1万円くらいであれば、たとえば外食を2回3回すればなくなってしまいます。

そして基本的には外食の経験なんて大した役には立ちません。

だから、仮想通貨の投資で1万円を消してしまっても、外食で1万円を消してしまっても、基本的には同じことになるのです。

そう考えると、1万円であればそこまでショックは受けないでしょう。

基本的には長期保管になる

また、100倍1000倍というのは、一ヶ月くらいでそうなるということはまずありません。

1年2年しっかりとホールドして初めてそうなるのです。

だからこそ、やはり投資する資金は多すぎない方が良いのです。

生活ではいきなりお金が必要になることがあります。

それなのに、仮想通貨に投資していてその資金が出せなかったりしたら、うろたえてせっかく投資していたものを引き出してしまうかもしれません。

それは勿体ないです。

だから、あまり投資しすぎない方が良いのです。

まとめ

仮想通貨で草コインを買う時には、リスクに対する意識をしっかりと持っていないといけません。

それはどの仮想通貨を買う際にも言えることではありますが、草コインの場合には特にそうなのです。

ついついリターンに目がくらんで、どんどんお金をつぎ込んでしまう事もあるでしょうが、現状仮想通貨はギャンブルのようなものだと思っていた方が良いです。