仮想通貨を始めたい!始める為に必要な物ってなにがある?

仮想通貨は、最近では良くないニュースが多いです。

でも、そうして状況があまり良くない時こそ、儲けるチャンスです。

だからこれから仮想通貨を始めたいと考えている方も多いでしょう。

では、仮想通貨を始める為には何が必要になるのでしょうか?

ここではそんな、仮想通貨を始めるために必要なものについて紹介していきます。

まずは身分証明書が必要

仮想通貨を始めるには、身分証明書が必要になります。

特に日本の仮想通貨取引所では、それがないと取引が出来ないことが多いです。

しかも多くの場合で顔写真付きでないとなりません。

まずはそれを用意しないとだめです。

ただやはりネックになるのは顔写真付きの身分証明書ですね。

学生であれば、学生証がありますが、それ以外の方にとってはやはり免許がそれにあたります。

でも、特に最近では免許を持っていないという方もたくさんいます。

とはいえ、免許を取るのにはどうしてもすごく時間が掛かります。

そしてなにより多大なお金がかかります。

どうせそんなお金があるのであれば、仮想通貨への投資に回した方が良いです。

資金が多くなれば、利益を出しやすくなりますから。

でも顔写真付きの身分証は必要。

では、どうすれば良いでしょうか?

その答えは、マイナンバーカードにあります。

マイナンバーならば比較的にすぐに出来る

マイナンバーカードは、番号通知カードがあればすぐに作ることができます。

しかも無料で、顔写真付きです。

実際に身分証として使用すると、「マイナンバーカードだとちょっと」と言われてしまう事も多々あります。

マニュアル社会の日本では、新しいものはなかなかそれに対してのマニュアルが出来ないので、受け入れられない事も多いのです。

でも、仮想通貨の取引所では、マイナンバーカードでも問題なく取引が出来るようになります。

もちろん中にはダメなところもあるかもしれませんが、だいたいのところで問題なく身分証として使用可能です。

だから、顔写真付きの身分証がない方には、マイナンバーカードを作る事をおすすめします。

パソコンはあった方が良い

仮想通貨の取引所を開設するにしても、仮想通貨の取引をするにしても、パソコンはあった方が良いです。

もちろんスマートフォンがあればそれだけでも取引は可能です。

でも、スマートフォンの画面ではやはり見づらいことも多いですアプリがある取引所であれば、多少扱いやすくはなりますが、アプリがないところではすごく見づらいです。

その見づらさは、致命的なミスに繋がる事があります。

操作ミスが起こってしまう

スマートフォンで見づらい画面で操作している時には、ついつい意図せぬボタンを押してし合う事もありますよね。

それは、仮想通貨取り引きでも同じことです。

そしてそのミスは、仮想通貨取り引きにおいては致命的になりがちなのです。

たとえば、今は売りたくなくて、追加で買いを出そうと思っていたのに、売ってしまったりすることがある。

あるいは、いくらで売れるか金額を見ようとしていただけなのに、うっかり売ってしまったりする。

そうなったら、本来であればこれから上がり始めるかもしれないタイミングで売ってしまう事になり、大損になります。

何かの判断でミスで大損してしまうことも、やっている方からしたら受け入れづらいです。

でも、こんなしょうもない判断ミスで損をしてしまうのは、すごくもったいないのです。

そうならないようにするためには、やはりなるべく視認性の高い、かつ操作性の高い環境で取引をしないとなりません。

それを可能にするのがパソコンなのです。

やや大き目なパソコンが吉

なんとなく分かるかもしれませんが、仮想通貨の取引に使用するパソコンは、なんでも良いわけではありません。

それは、安物だとだめだというわけではありません。

もちろん安物であるよりは、ある程度お金のかかっているスペックの高いものの方が良いです。

そういうものの方が起動が早いですし、何かの動作に対してのレスポンスも早いです。

だから、フリーズしたりして買うタイミングや売るタイミングを逃す可能性も低くなります。

なのである程度のスペックはあった方が良いです。

でも、より大切な事があります。

それが、画面のサイズです。

画面が小さいと、結局パソコンでも視認性や操作性は悪くなります。

それではパソコンを用意する意味がなくなります。

そうならないためにも、画面のサイズはある程度大きなものを選ぶべきなのです。

通信環境はスピードが有る方が良い

仮想通貨の取引をするには、通信環境が必須です。

通信環境がないとネットに繋がりません。

それでは仮想通貨の取引は出来ません。

また仮想通貨の取引では、スピード感が重要になります。

もたもたしているとその間にどんどん価格が変わるのが仮想通貨です。

だから仮想通貨の取引をするには、安定していてかつスピード感のある通信環境が必要になります。

出来ればケーブル環境が吉

では、ケーブルで接続するような環境が良いです。

もちろんワイファイが悪いわけではありませんがやはり安定しているのはケーブルでつなぐことです。

そして、たとえばポケットワイファイ的な通信よりも、光通信の方がスピード感が圧倒的に早いです。

安定していてかつ早いのですから、やはりケーブル接続が理想的なのです。

もちろん仮想通貨の取引の為だけにそれを買い替えるかどうかは、時間をかけて判断しないとなりません。

でも、これから先どんどんネットの時代になることは間違いないですし、重たい通信もでてくるでしょう。

それを考えると、スピード感があり安定している通信に買い替える価値はあるはずです。

最低限の知識は持っておかないと損をする

仮想通貨の取引に必要な物としてあと挙げられるのは、最低限の知識です。

仮想通貨の取引は、別に知識が無くても出来ます。

でも、最低限の知識がないと、どんどんカモにされます。

仮想通貨の取引は、損をする人がいて初めて得をする人が生まれます。

つまり、誰もが得をするということはないのです。

そして、損をするのはえてして初心者です。

だから、そうならないように、戦える知識を持っていないとなりません。

特に最初のうちは、経験がない分より知識が必要になるのです。

でも、どんな知識が必要なのでしょうか?

その取引所の知識

まず必要なのは、その取引所に対する基本的な知識です。

たとえばその仮想通貨どんなものなのかという知識の方が必要に思えますが、実はそんなことはありません。

むしろそんな知識役には立たないのです。

それよりも基本的な注文方法や、用語の解説、チャートの味方、チャートのアレンジ方法。

そんなことを学んでいく必要があります。

それが分かれば、少なくともミスで資産を減らすことはなくなります。

投資全般の知識

あと必要なのは、チャートの味方、アレンジチャートの作り方等の基本的な投資のやり方です。

それは投資全般で同じなので、わかりやすい資料を探してみることをおすすめします。

見につける実践的な知識は、そうした基本的な知識だけ十分なのです。

まとめ

仮想通貨の取引を始めるのには、環境と知識を整えることが大切になります。

それらには、ある程度時間が掛かりますから、あわてないでじっくりと準備をすると良いでしょう。

時間をかけてじっくりと準備をしている間に、戦うための心の準備も出来ていきますから、それが一番です。

焦って挑んでいくのは、一番避けないとならないことです。