仮想通貨ビットコインとは?初心者でも分かりやすいビットコインの基礎知識

テレビや新聞などのメディアで出ることが多くなった仮想通貨のビットコイン。

そのことから、多くの人が「ビットコイン」という言葉を知るようになりました。

しかし、「ビットコインという言葉は知っているけど、ビットコインって何?」という方も意外と多くいます。

そこでここでは、ビットコインの基礎知識を説明していくので、ビットコインのことを知らない方は、ぜひご覧ください。

そもそもビットコインとは

ビットコインとは、インターネット上でやりとりする仮想通貨であり、2,000種類以上あるといわれている仮想通貨の中心にいる通貨です。

円やドルなどのお金と違うところは、多くの仮想通貨は国による価値の保証がないことです。

ビットコインは仮想通貨の中心となっているので、仮想通貨を深く知るにはビットコインを理解する必要があります。

仮想通貨は実在しない通貨であり、データとして存在する通貨です。

多くの種類がある仮想通貨の中でビットコインが注目を浴びている理由の一つは、時価総額が1位だからです。

ビットコインの過去の価値チャートを確認すると分かりますが、ビットコインは比較的短い期間で価値を上げてきました。

そして、これからもビットコインの価値が上がる可能性はあります。

リスクはあるが将来性に期待できる

仮想通貨は実在しない通貨なことから、「仮想通貨は危険なんじゃないの?」、「仮想通貨って怪しくない?」などと思う方もいます。

確かに仮想通貨には、価値が下がる可能性があるなどのリスクがあります。

しかし、将来さらに拡大する可能性があり、将来性に期待することができます。

また、ビットコインやイーサリアムなどには優れた技術があります。

その技術とは、「ブロックチェーン」や「マイニング」です。

ビットコインの優れた技術ブロックチェーン

「ブロックチェーン」という技術はビットコインだけでなく、アルトコインにも使われています。

ちなみにアルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことで、イーサリアムやリップルなどはアルトコインになります。

仮想通貨やビットコインのことをインターネットで調べると、ブロックチェーンという言葉がよく出てきます。

仮想通貨初心者の多くは、「ブロックチェーンってどういうこと?」と思うことでしょう。

ブロックチェーンを簡単に一言で説明すると、「仮想通貨の取り引きの情報」になります。

ビットコインのブロックチェーンは、取引履歴を保存するデータベースを、ビットコインを利用しているパソコンに分散して保存しています。

インターネット上で取引情報をブロックのように保存することで、情報が管理しやすくなります。

そのことにより、不正を防ぐことが可能になります。

いくつもの情報のブロックが、鎖のように繋がって保存されていることから「ブロックチェーン」と呼ばれています。

ビットコインの優れた技術マイニング

ビットコインのことをインターネットなどで調べると、「マイニング」という言葉も目にするかと思います。

「マイニング」と聞くと難しそうな気がしますが、それほど難しい言葉ではありません。

「マイニング」という言葉を日本語にすると「採掘」という意味になります。

採掘は、岩石や地中などから鉱物などを掘り出すことです。

そのようなことから、「マイニングってビットコインを掘り出すようなこと?」と思う方もいるかと思います。

そのことは正解とは言えませんが、意味的には近いことになります。

ビットコインは発行上限が2,100万枚と決まっており、2,100万枚までしか発行することはできません。

ですが、まだまだ発行枚数には余裕があり、未発行のビットコインを発行する作業のことを「マイニング」といいます。

マイニングをすることで報酬を得ることができるため、マイニングをしたい人は多くおり、とても厳しい競争になっています。

ビットコインを使用するメリットとは

ビットコインの将来性には大きく期待することができます。

それは、時価総額1位になるほど価値を上げた実績があるからです。

また、時価総額2位のイーサリアムや、他のアルトコインにも期待することはできます。

ビットコインを購入し、価値が上がれば利益が出ます。

価値は必ず上がるものではありませんが、利益が出る可能性があることは大きなメリットになります。

また、ビットコインを送金する時は銀行を仲介する必要がないため、手数料は非常に安くなります。

個人間で直接送金することが可能であり、24時間いつでも取引することができることもビットコインの大きなメリットになっています。

そのため、日中、仕事や家事、勉強などで忙しくても、自分の好きなタイミングで取引することができ、不便さを感じないことでしょう。

ビットコインを使用するデメリットとは

先程説明したように、ビットコインには魅力的なメリットがいくつかあり、おすすめの仮想通貨になりますが、悲しいことにデメリットも存在します。

そのデメリットの一つになっているのが、ハッキングによる危険性です。

取引所では、仮想通貨の取り引きを行うことができ、仮想通貨を保管することもできます。

しかし、保管した取引所がハッキングされてしまうと、保管した仮想通貨を失ってしまう恐れがあります。

そのため、自分でウォレットを準備し、管理することが大切になります。

ウォレットとは仮想通貨を保管する場所で、分かりやすく説明すると財布や金庫のような役割をしている場所になります。

様々な仮想通貨取引所がありますが、基本、仮想通貨取引所はセキュリティが高くなっており、簡単にハッキングされるようなことはなく、保管した仮想通貨を簡単に失うことはありません。

しかし、安全性が高いといわれていた取引所の「Coincheck(コインチェック)」が、2018年1月にハッキングされ、仮想通貨「NEM(ネム)」が流出しました。

そのことから、セキュリティが高いといわれている取引所でも「絶対安全」とは安易に言うことはできず、仮想通貨の保管には注意する必要があります。

信頼度や流動性はまだまだ低い

その他にもビットコインにはデメリットがあり、それは信頼度がまだまだ低いことです。

仮想通貨は徐々に広まってきていますが、仮想通貨を理解していない人は多くいます。

理解していないため、「仮想通貨って、なんだか怪しい?」と思う方もいます。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨の価値が更に上がり、仮想通貨を始める人が多くなれば、自然と信頼度や流動性は上がることでしょう。

ビットコインの購入方法とは

ビットコインのことを色々知って、ビットコインに興味を持つ方もいることでしょう。

そして、ビットコインを購入したいと思っても、仮想通貨初心者の中にはビットコインの購入方法が分からない方もいるかと思います。

では、どうすればビットコインが購入できるのかというと、一般的な購入方法は仮想通貨取引所を利用します。

数ある取引所の中から、自分に合っている使いやすい取引所を選び、登録をします。

仮想通貨取引所選びが分からない方は、インターネットの口コミや評判などを参考にすると良いでしょう。

取引所への登録が終わったら、コンビニや銀行、クレジットカードなどを利用して入金し、自分が欲しい仮想通貨を選び購入するだけです。

そんなに難しいことではないので、初心者でも心配いりません。

取引所以外でビットコインを入手する方法としては、ビットコインを持っている人から貰ったり、マイニングをして入手したりする方法があります。

まとめ

ここの記事で、仮想通貨ビットコインのことが少しでも理解できたかと思います。

ビットコインが将来性に期待できることからビットコインに投資する人もおり、投資によって資産を増やすことは可能です。

しかし、資産が減ってしまう可能性もあります。

時価総額1位のビットコインでも、儲かるとは限りません。

そのため、ビットコインに投資する際は、ビットコインの様々な情報を頻繁に入手することが重要になります。