投資で資産を増やしたい!仮想通貨とFXはどっちがおすすめ?

投資には、いろいろな商品があります。

例えば最近では仮想通貨投資が人気です。

でもほかにもFXなどもありますよね。

ではこれから投資を始めようというのであれば、仮想通貨とFX、どっちが効果的なのでしょうか?

どうせならばやはり少しでも安全に設けられる可能性が高いほうでやりたいものです。

そこでここでは、それらを比較してみます。

仮想通貨はリスクが少ない

仮想通貨とFXの一番の違いは、やはりリスクになります。

仮想通貨には、リスクがあまりないのです。

たいしてFXには、リスクがあります。

その差は、かけ方の違いにより生まれます。

FXはレバレッジをかける

仮想通貨は基本的には、10,000円が元資金ならば、10,000円だけで勝負をします。

しかしFXではそうではありません。

FXの場合は、基本的にレバレッジをかけて取引をするのです。

なぜなら、FXは値幅がすごく小さいからです。

たとえばドルと円で考えてみてください。

ドル円は、だいたい1ドル105円から110円くらいで推移しています。

これから先じわじわ上がる可能性はありますが、それでも現状はこのくらいです。

つまり、マックスで5円しかかわらないのです。

しかもこの5円も、数か月かけないと動かないでしょう。

10,000円投資していただけならば、たとえ5円あがったとしても、約10,500円程度です。

そんな程度であれば、投資をする意味がありません。

10万円でも、5,000円。

これでもまだあまり意味は感じないですよね。

最低でも100万円くらいは投資しないとならなくなります。

でもそれだけの余剰資金がある方は、やはりあまりいません。

だから、レバレッジをかけるのです。

レバレッジがリスクを生む

レバレッジをかけると、たとえば10,000円しかないのに、100万円分の取引ができるようになります。

だから、10,000円でも、ドル円が5円上がれば、50,000円くらい儲けることができるようになるのです。

でもそれには、リスクがあります。

もし値下がりしたら、50,000円分の損失が出ることもあるのです。

そうならないようにロスカットという仕組みがありますが、それが効かない勢いで落ちることもあるのです。

そうなれば、追証という、取り立てみたいな状況になってしまいます。

損失分を入金しないとならなくなるのです。

仮想通貨であれば、せいぜい10,000円が0になるくらいですから、リスクの差は雲泥です。

仮想通貨のほうが早く儲けがでる

仮想通貨とFXでは、値動きのスピードが全然違います。

仮想通貨では1日で50パーセント程度の上がりや下がりがあることが多いです。

でも、FXでは、せいぜい1パーセントです。

1パーセント動くこともあまりありません。

だから、しっかりと儲けたいと思ったら、しばらく待たないとならないことが多いのです。

逆に仮想通貨であれば、すぐに儲けを出すことも可能です。

しかもその儲けは、すごく大きいこともあるのです。

早く、しかもしっかりと儲けを出すことができるのであれば、誰だってそれを求めるものです。

そういう意味では仮想通貨はおすすめできます。

変動が大きいことにはリスクもある

ただそんな風に変動が大きいことにはリスクもあります。

それが、高値掴みで、しかも逃げ遅れることがあるということです。

つまり、自分が買ったらとたんに大きく値段を下げてしまい、しかも下げ始めで売るという判断ができずに、どんどん値段が下がっていき、結果売るタイミングを逃したままずっと持っているしかなくなるということ。

FXではそういうことはそうそう起こりませんが、仮想通貨の場合にはそんなことがざらに起こるのです。

では、そうなったらどうすればよいのでしょうか?

損失を受け入れるしかなくなる

そうなったときの選択肢は二つです。

一つはまた上がってくるまで待つこと。

これは1年程度待たないとならないことも多いです。

もちろんもっと早く戻ることもありますが、そういうことはごく稀です。

場合によっては1年以上待たないと戻らないこともありますし、最悪戻らない可能性だって0ではありません。

だからあまりおすすめはしません。

もう一つは損失を受け入れて下で売り、また下からコツコツ盛り返していくことです。

一気に戻ることはそうそうありませんから、下からコツコツ10パーセントの上げとか下げを繰り返して儲けようとしていくのが一番でしょう。

その方が投資を楽しめるということもありますから。

FXのほうが複雑性はない

仮想通貨とFXの違いとして、複雑性の違いもあります。

仮想通貨は、実際何をきっかけにして上がったり下がったりするのか、すごく判断が難しいです。

しかしFXの場合には、基本的には政治経済の動きが大きく関係しているので、少なくとも仮想通貨よりは値動きが想像しやすいです。

つまり、より負けづらいのがFXになるのです。

ロボアドバイザーやEAも使える

FXでは、ロボアドバイザーやEAもあります。

仮想通貨でもそれを入れることはできるかもしれませんが、まだまだデータがあまり蓄積していません。

基本的にはAIというのは蓄積しているデータが多くなればなるほど正確になるものです。

だから、よりデータが蓄積しているFXでのEAやロボアドバイザーのほうが信用できるでしょう。

もちろん、必ずしもそれが勝てるというわけではないですが、無知識でも十分戦える可能性があるというのはうれしいポイントです。

そういう意味でも、FXのほうが複雑性はないのです。

税金は仮想通貨のほうが安くなることもある

では、税金はどうでしょうか?

仮想通貨にしてもFXにしても、税金はかかります。

でも、その税率には実は違いがあります。

仮想通貨の税率は、変動制です。

しかしFXの税率は一律なのです。

一律で20パーセントなのが、FX。

対して仮想通貨は、15パーセントから55パーセントまで、所得によって違ってきます。

なので、全然儲けが出ないのであれば、仮想通貨の税率のほうが低くなります。

しかし逆に、たくさん儲けが出るのであれば、FXのほうが税率は低くなるのです。

ということはつまり、税率でどっちが良いのかを見極めるのは難しいということになります。

そんなに儲けられる人は多くない

ただ一つ言えるのは、仮想通貨にしてもFXにしても、そこまでたくさん儲けることができる人は多くないということになります。

もちろんそれは、ただのギャンブルである競馬などと比べると、儲けが出る可能性は高くなります。

でも、たとえば、投資した金額の2倍くらい儲けることができるということは、あまり起こらないのです。

すごくタイミングが良かったりしないと難しいでしょう。

ということはつまり、仮想通貨の税率が15パーセントを超えていくことすら難しいということになります。

そもそも税金が発生するくらいに設けることすらできない可能性だってあります。

だから、強いてどちらがおすすめかということを現実的にみていくのであれば、仮想通貨のほうがおすすめになります。

まとめ

投資では、リスクが少ないというのが何よりのポイントになります。

もちろんリスクなんて気にしないという方もいるかもしれませんが、リスクを避ける気持ちを持つことはすごく大切です。

だから、FXと仮想通貨では、リスクが少ない仮想通貨のほうがおすすめになります。

どちらに投資をするか迷ったら、仮想通貨に投資をしてみるとよいでしょう。