流出は自分で防ぐ!仮想通貨の流出リスク、どうすれば防げる?

仮想通貨で怖いのは、流出リスクです。

それは、コインチェックの事件を考えてみれば分かるでしょう。

そしてそのリスクは、仮想通貨が一般的になればなるほどに増えていくことは間違いありません。

今後、スキミングのようなノリで仮想通貨が奪われることも増えていくかもしれません。

ではそれはどうすれば防ぐことができるのでしょうか?

仮想通貨は取引所においておかない

まず一つ言えるのは、仮想通貨を取引所に置いておくのは良くないということです。

取引所に仮想通貨をおいておくと、仮想通貨のセキュリティの甘さによって仮想通貨が流出するリスクが生じてきます。

それも自分の管理の甘さといえば甘さなのですが、それでも自分の管理感プラスそうして取引所の管理感までもう一つのってきてしまうと、より流出リスクが高まることは間違いありません。

だから、取引所に長く置いておくのはあまりおすすめできません。

メリットもある

ただ、取引所に仮想通貨を置いておくのは、悪いことばかりではありません。

確かに流出リスクが高まるのは良くありませんが、メリットもあります。

それが、簡単に取引が出来るという点です。

取引所以外で保管する方法は後述しますが、取引所で保管しているといざソレを売買しようと思った際にすぐに売買することができます。

しかし他のところで保管していると、そこから一度取引所に仮想通貨を送って、そしてそれから取引をするようにしないとなりません。

でもそれにはタイムラグ生じする事もあります。

全ての仮想通貨が数秒で着金するわけではないですから。

そうなれば当然、仮想通貨を売買するタイミングを逃してしまう事も出てくるものです。

結果、手数料分損するだけになってしまう事があります。

でも、最初から取引所で保管していれば、少なくともそうなるリスクは軽減することが出来ます。

取引所に保管しておくというのもナシではないのです。

特に、頻繁に取引する人にとっては取引所での保管もアリです。

ネット上のウォレットに保管する

仮想通貨には、ネット上にウォレットと呼ばれる財布のようなものを持つことができます。

そこに入るためには非常に長い暗号が必要になり、それがないと何もできません。

しかもそれは一つ一つ違うわけなのですから、安全性は高いのです。

だから、少なくとも取引所と比べると、そういうネット上の自分だけのウォレットに保管しておいた方が流出リスクは軽減できます。

ウォレットにもいろいろな物がある

ウォレットも、一つではありません。

たとえばイーサリアムのウォレットには、色々な物があるのです。

イーサリアム+ウォレットで検索するといくつも出てくるでしょう。

それはたとえば、ネットバンクのようなものですね。

ジャパンネット銀行もあれば楽天銀行もある。

どれを使うかは自分次第ということです。

ウォレットがないと出来ないこともある

ウォレットがないと、たとえば取引所を通さない取引が出来なくなります。

仮想通貨は、別に取引所がないと出来ないわけではありません。

たとえば、誰かから直接イーサリアム等の仮想通貨をおくってもらう事も出来るのです。

その際、ウォレットが無いとそれができなくなります。

取引所のアドレスあてに送ってもらう事も出来ますが、ウォレットがある方が選択肢はひろがります。

だからいずれにしてもウォレットは作っておくべきであることは間違いありません。

なるべくもたない事も効果的

流出リスクを少なくするためには、なるべくもたないということも効果的になります。

仮想通貨の取引では、ある程度長期的に持っていたいと考える方も多いものです。

でも、長期的に持っていればいるほどに流出リスクは高まっていきます。

逆に言えばあまり長い時間持たないようにしていれば、そのリスクは少なくなります。

日本円であれば、流出リスクはかなり少なくなるのです。

だから戦い方そのものを変えてしまうというのもおすすめできます。

頻繁に売り買いするのは難易度が増す

ただ、頻繁に売り買いするのは、難易度がましていきます。

なので、それで利益を出し続けるためには、ある程度のコツが必要になります。

ここではそのコツについても紹介します。

下がるまで買わないようにすればよい

そのコツとは、すごく下げる時に買うというものです。

仮想通貨は、経済状況や世界情勢、あるいは取引所のトラブルなどで月に1回ないしには2ヶ月に1回くらい大きくさげていきます。

そのタイミングでだけ買うようにすればよいのです。

そして、それがある程度上がったら売って、またそれが下がるまで待っていれば良い。

そうすれば、あまり長い間仮想通貨を持つこともないし、ある程度頻繁な売り買いでも、損するリスクはなくなります。

すごくバランスの良い戦い方になります。

ただその分、ニュース等をチェックしてなるべく新鮮で正確な情報を仕入れていないとなりませんが。

そうでないと下げた時にそれを買い逃してしまう可能性がでてきますから。

取引所は安全度の高いものを

取引所を慎重に選ぶことも、当然仮想通貨の流出リスクの軽減になります。

仮想通貨の取引所には、色々なところがあります。

最近では比較的に簡単に海外の取引所を利用することもできるのです。

だから、より選択肢はひろくなっています。

でも選択肢が広いと、たとえば手数料の安さや、取り扱う仮想通貨の量だけで選びがちになります。

そうしていつしか安全度の低い仮想通貨を選んでしまうことも出てくるでしょう。

そういう仮想通貨取引所を選んでいたら、リスクも高まります。

結局は取引所を通す

自分でウォレットを用意して基本的にはそこで保管するようにしたり、あるいはなるべく仮想通貨を持たないようにしたり、自分なりに工夫して取引をしていても、結局仮想通貨で取引をする時には取引所を使う事になります。

だから当然、取引所にある程度の時間は仮想通貨を入れておくことにはなるのです。

その取引所の流出防衛感が薄かったりしたら、取引のためにちょうどその取引所に仮想通貨を送金したタイミングで、仮想通貨が流出してしまうなんていうことも出てくるかもしれません。

そのリスクを少なくするためにも、取引所はなるべく選ばないとなりません。

安全性の高い取引所とは

では安全性の高い取引所とはどのような取引所になるでしょうか?

評判が良いのは海外の取引所にはなりますが、バイナンスです。

バイナンスには世界でもトップクラスのユーザー数が集まりますが、それでもしっかりと管理できています。

そのことだけでも安全性は高いと考えられます。

また、日本ではやはりビットフライヤーが評判が良いです。

ビットフライヤーもまた、バイナンス同様に日本ではすごくユーザー数が多い取引所になりますが、それでも流出騒ぎはありません。

あまり有名でない、新興の取引所であればあるほどに、そのリスクは高まると考えても良いです。

だから、安全に取引所を使用するならば、出来ればこうした知名度と評判のあるところを利用するのがおすすめです。

まとめ

仮想通貨で怖いのは流出リスクですが、それは自分のやり方次第である程度しっかりとケアすることができます。

他にも暴落リスクや規制リスクなどもある中で、流出リスクは唯一自分でなんとかデキるリスクです。

それならば、ケアしない手はありません。

是非これらのことを参考にして、しっかりと流出のリスクを軽減していってください。