海外の仮想通貨取引所!人気のバイナンスは何が良いの?

仮想通貨の取引所といえば、ビットフライヤーやザイフ、そしてコインチェック等日本の取引所が思い浮かびます。

しかしここ日本では、海外の取引所もすごく人気があります。

特に人気があるのは、バイナンスという取引所です。

では、バイナンスという取引所は、何が人気なのでしょうか?

ここではその特長について見ていきたいと思います。

バイナンスは取り扱う仮想通貨が多い

バイナンスという取引所が人気となっている理由は、やはり仮想通貨の量です。

日本の仮想通貨取引所で扱っている仮想通貨は、多くてもせいぜい20種類以下程度の数になります。

それでもかなり多い方で、基本的には10種類以下くらいであることがほとんどです。

そしてその10種類以下程度の仮想通貨は、ほとんどが重複しています。

だから、どこの取引所を使っていても大差ないという事になりがちです。

でもバイナンスの場合は、取り扱う仮想通貨の量が桁違いです。

バイナンスには100種類前後の仮想通貨の取り扱いがあります。

それだけあれば、人とは違う仮想通貨で勝負することができるようになりますから、人気なのです。

同じ仮想通貨では元資金がものを言う

人と同じ仮想通貨を買っていても、やはり人と同じだけの成果しかあげることができません。

そして日本の取引所に登録されているだいたいの仮想通貨は、これから爆発的な伸びを期待することは難しいです。

それだけ知名度があり人気がある状態で、現状にとどまっているのですから、伸びてもせいぜい5倍6倍程度である可能性は高いですよね。

その状態から人よりも儲けるためには、やはり人よりも多くの額の元資金が必要になります。

でもバイナンスで取り扱っているような仮想通貨であれば、これから100倍くらいに伸びていく可能性だって否定できません。

もちろん、その代わりに価値がほとんど0に近くなってしまうという可能性もあります。

つまり、あまり知名度がなく人気がないような仮想通貨は、ハイリスクハイリターンなのです。

でも、どうせ買うならばそういう夢を追いたいという人が多い。

特に仮想通貨では、「億り人」と呼ばれる、少ない元資金から1億円の利益を出している人が何人もいます。

だから余計に、自分もそうなりたいと思う方が多いのです。

バイナンスでこれからの伸びに期待ができるような仮想通貨を買うのは、当然の流れになります。

手数料が安いのも特徴

仮想通貨の取引には手数料がかかります。

そしてその手数料は0.2パーセントから0.3パーセントというところがたくさんあります。

でも、バイナンスの場合はその手数料が0.1パーセントなのです。

だから、手数料を気にすることなく色々な仮想通貨の取引が可能です。

当然ながら手数料は安いに越したことはありません。

それは間違いなく余計なコストですから。

さらに手数料を下げることも可能

またバイナンスでは、BNBという仮想通貨を使用して手数料を払う設定にすると、さらに手数料が安くなります。

0.1パーセントが、0.05パーセントになるのです。

0.1パーセントでも間違いなく安いですが、それがさらに半額になるのですから、いかにそれが安いかわかります。

なので、バイナンスで取引をするならばBNBコインはある程度購入しておくのがおすすめです。

BNBコインとは

でもそのBNBコインがどんな仮想通貨か分からないと買う気がしないという方も多いでしょう。

BNBコインというのは、バイナンスが独自に発行しているトークンです。

そしてそれは、手数料の支払いだけではなく、それ建てで仮想通貨を買う事が出来ます。

つまり、BNBをイーサリアムに変えたりすることが出来るのです。

だから、とりあえず買っておいて、違う仮想通貨があがりそうであれば、ある程度残しつつソレをその仮想通貨に変えるということが可能になります。

なので持っていて損がないのです。

そしてBNBも仮想通貨になりますから、価格は変動します。

たとえばバイナンスに良い材料が見つかれば、BNBは高騰していくのです。

そしてバイナンスは、これからますます仮想通貨取引所として世界的に人気になっていく可能性が十分にあります。

つまり、仮想通貨単体としてBNBを見ても、期待が出来るのです。

サイトが見やすいのも人気の秘訣

海外の仮想通貨取引所は、サイトが見づらい事も多いです。

それは日本の取引所でもそうですが、見ていてすごく見づらく感じることがあるのです。

でも、バイナンスはそんなことがありません。

色々な仮想通貨取引所と比べても、かなり使い方がわかりやすいサイトになります。

それも間違いなく人気の理由の一つです。

特に海外の取引所では、言葉が分からない分、そうした扱いやすさがすごく重要になります。

日本語対応にも期待できる

もともとバイナンスは、日本語対応しているサイトでした。

しかし、今では日本語対応が無くなってしまっています。

もっともそれでも扱いやすいサイトである事には変わりはないです。

ただ以前にそういう日本語対応をしていたのですから、これからさき改めて日本語対応をリスタートする可能性も高いです。

そうなればより扱いやすくなることは間違いありません。

特に日本人は、英語が苦手な人が多いです。

ヨーロッパの言語とは違い、日本語と英語はかなりかけ離れています。

だから日本語対応があるに越したことはありません。

サーバーの安定性も評価が高い

実際に仮想通貨の取引所を利用している人ならば分かると思いますが、仮想通貨の取引所は、サイトによってサーバーの安定性が全然違います。

取引量が多くなってきた時には突然重たくなるような取引所も多いのです。

でも仮想通貨の動きはすごく早いです。

株とくらべると何倍ものスピードで値段が上下します。

だから、サーバーが弱いと買いたいタイミングで買えなかったり、逆に売りたいタイミングで売れなかったりすることが出てくるのです。

そうなると結果的に損をしてしまうことも出てきます。

仮想通貨取引所に置いて、サーバーというのはすごく大切なのです。

バイナンスでは、そのサーバーの安定性の評価が高いです。

取引をしていてストレスに感じる可能性は低いでしょう。

ユーザー数がすごく多いのに

バイナンスという取引所は、世界でもトップクラスのユーザー数をほこる取引所です。

だから、世界中から注文が殺到するのです。

たしかにユーザー数が少なければサーバーが混雑することはありませんから、サーバーの安定性が高くなるのもわかります。

でもバイナンスは、そういう理由でサーバーが強いわけではないのです。

むしろサーバーにはすごく負担がかかる状態なのに、サーバーが評価されているのです。

それはつまり、今後も安定して取引が出来るということになります。

そういう意味でも、バイナンスという取引所は安心できる取引所なのです。

海外の取引所に登録するならば、バイナンスはすごくおすすめできます。

他にも海外の取引所はありますが、まず何か一つ登録するならば、バイナンスでしょう。

まとめ

バイナンスという仮想通貨取引所が人気になるのには、こうした理由があるのです。

理由がなくても人気になることはありますが、バイナンスの場合はきちんと理由がありました。

だから、安心して登録していけます。

もちろん日本の取引所に登録することは大切です。

そうでないと海外に送金できませんから。

でもそれが済んだら、海外に目を向けるのもアリでしょう。