目指せ億り人!仮想通貨で億り人になるにはどうしたら良い?

仮想通貨に取り組んでいる方の多くは、億り人と呼ばれる、仮想通貨で一億円以上儲けを出している人に憧れるものです。

誰だってお金は欲しいですし、お金を得る為に仮想通貨に投資をしているわけですから、億り人にあこがれるのは当然です。

でも、実際どのようにしたら億り人になれるでしょうか?

ここでは現実的にその方法を考えてみました。

投資する資金を極端に多くする

億り人になるために、もっとも運に頼らない方法がこれです。

たとえば投資する資金が1000万円あれば、それが10倍になるだけで1億円を達成することが出来ます。

そして10倍くらいであれば、仮想通貨の場合は全然まだまだ期待できる数字です。

実際まだ仮想通貨は、実使用がはじまっていないものが多いです。

実使用がないのに今の金額になっているわけなのですから、これから先それがはじまればさらに価値が高まり、金額が高くなることは想像できます。

結果、10倍くらいになるものはたくさん出てきていてもおかしくないのです。

ただこの方法には欠点が二つあります。

そもそもそんな資金はない人が多い

億り人を目指して仮想通貨に参入している人の多くは、そもそもあまりお金を持っていない人になるでしょう。

その程度はさまざまで、たとえば平均年収位はある人もいれば、まったくそれに及ばない人もいるはずです。

いずれにしても、仮想通貨でおくりびとになろうとしている人の中で、1000万円の元資金を用意できる人はそういません。

100万円であってもかなり厳しいという方がほとんど名のではないでしょうか?

その時点でこの方法は現実的ではなくなります。

意外とリスクが高い

この方法にはリスクの問題もあるのです。

たとえば、投資資金が10万円であれば、20パーセント減らしてしまったとしても、減ったのは2万円だけになります。

庶民にはそれでも大きな損失であることは確かですが、1000万円の場合と比べるとかなりましに見えます。

1000万円の場合には、20パーセント減らしただけで200万円の損失です。

それはかなり大きいですよね。

そんな意外なリスクの高さもあるのです。

ICOで仮想通貨を購入する

ICOというのは、株式でいうところのIPOとはちょっと違います。

なぜなら、IPOの場合には、最低限上場するので、それで詐欺に合うという可能性は極めて0に近いからです。

でもICOの場合は、別にどこかの取引所に上場するわけではありません。

いうなれば、クラウドファンディングのようなものです。

こんな仮想通貨があってそれをもっと良くしたいお金を出してくださいと言っているようなものなのです。

そして実際に、何処かの機関を通していない事も少なくありません。

クラウドファンディングであれば、そこのサイトを運営している会社を最低限通していますが、ICOの場合はそうではないのです。

だからICOには、最悪お金を払っただけになるというリスクもあります。

そしてそれがあるからこそ、世界中で今規制の波が来ているのです。

でも、ICOで仮想通貨を購入することは、贈り人になるための現実的な方法ではあります。

激安で買えることが多い

なぜなら、後々の価格から見ていくと激安で買える事が多いからです。

激安の価格で買う事が出来れば、当然上がり幅も大きくなることが期待出来ます。

上がり幅が大きくなればなるほど、億り人への道は開いていきます。

だから、リスクをとってでもICOに参加することはおすすめできるのです。

もはやそんな高い上がり幅は期待できない

たとえばビットコインやイーサリアムの場合は、今でもすでに高く見える金額になっています。

ビットコインであれば80万円から100万円くらいの間を推移していますし、イーサリアムも5万円から6万円くらいをうろうろしています。

これが1000倍になることは想像できるでしょうか?

まずどう考えてもありません。

ではもし、1単位が0.1円で買える仮想通貨があったらどうでしょうか?

1000倍になっても100円です。

それくらいの仮想通貨は乱立しています。

だから、十分にそうなる可能性は期待できるのです。

ICOであれば、そんな激安のコインがあります。

それにもし10万円分投資していたら、一気に億り人です。

高いレバレッジで勝負する

億り人になるためには、掛け金を大きくするというのが効果的だと説明してきました。

でも、なかなかそんな余裕がある人はいない。

だからその方法はいまいち現実的ではないのですが、それを現実的にする方法もあるのです。

それが、高いレバレッジで勝負するという方法です。

仮想通貨の取引でも、レバレッジをかけて取引できるものはあります。

たとえば、10万円を出して、25倍の取引、つまり250万円分の取引をすることもできるのです。

もしその状態で仮想通貨が1.5倍になったらどうでしょう。

1.5倍の25倍の儲けがでるのです。

つまり5万円かける25で、125万円も一回の取引で儲けられることになります。

これを繰り返していけば、あまり資金がなくても、高資金で取引しているように見せることはできます。

その分リスクも高くなる

ただしレバレッジをきかせた取引では、証拠金が必要になります。

その証拠金が一定の割合になってしまうと、強制的に決済されてしまうのです。

つまり強制的に損切りされてしまいます。

しかもレバレッジが高いとよりその金額も近い金額になります。

結果、すぐに大損になってしまうというリスクもあります。

また、結局何回か勝たないとならない事には変わりはありません。

一回で億り人になるくらいのレバレッジは効かせられませんから。

何回も勝負すればその分負ける機会も増えていく。

そういう意味でもリスクが高い方法になります。

自分で仮想通貨を発行する

もう一つ、億り人になる方法があるとしたらこれです。

自分で仮想通貨を発行すれば、自分でその仮想通貨を大量に保持できます。

大量にその仮想通貨を保持していたら、それの値段が上がってきた時、億り人になれるのです。

またこの方法の場合には、仮想通貨を購入しているわけではないので、元資金も多くは必要ありません。

ただし、膨大な努力は必要です。

それができるまで知見を高めないとならない

仮想通貨は簡単には出来ませんから、それをするには知見を高める必要があります。

それは当然一朝一夕では出来ません。

そもそもある程度最初から知識がある人だったとしても、数年はかかるプロジェクトになってしまう可能性はあります。

また、一人でするのは現実的ではないので、ある程度自分の為に動いてくれる人材が必要になります。

そう考えると一見現実的ではないように思えるでしょう。

でも、そういうポイントを一つ一つクリアしていけば、知らない間に億り人に慣れている可能性は高いです。

また、ただ億り人になるだけではなく、その技術や知識を活かして新しい仕事もたくさん舞い込むでしょう。

そう考えると、ただ億り人になるよりもはるかに効果的な方法に見えます。

まとめ

億り人になるのは、高いリスクを要するか、あるいは高い努力を要するというのがここでの結論です。

ただ、高い努力や高いリスクを請け負えば、今からでも仮想通貨で億り人になれる可能性はあるのです。

もうそれは厳しいと言われる昨今ですが、冷静に考えてみると、なり方は十分に残されています。

だから億り人を目指す人は、これらのことを参考にしてみてください。