相場は下がっているって言うけど…仮想通貨はもう遅い?

仮想通貨の相場は、2018年4月頭の段階ではまず間違いなく下げ相場となっています。

正確には、大きな下げの後、横ばいになっているのが現状です。

ただ、一時期の相場から見ると間違いなく低い水準です。

では、仮想通貨はもう終わってしまったのでしょうか?

今から参入するのはもう遅いのでしょうか?

ここでは仮想通貨はもう遅いのかということについて見ていきます。

仮想通貨はバブルとそっくり

仮想通貨の盛り上がり方、そしてこの相場の下がり方は、バブルとそっくりになります。

バブルのころは、いうなれば経済崩壊の直前には、経済はすごく盛り上がっていることが多いです。

そしてその、盛り上がりがピークに達した時、一気に崩れおちていくのです。

今の仮想通貨はそれとすごく似ています。

たとえば、各2018年には仮想通貨取引所が、たくさんのCMを打っていました。

ビットフライヤーにコインチェック、ザイフにDMMビットコイン。

それだけ仮想通貨が盛り上がっているということです。

そして実際、仮想通貨の相場は一気に崩れ落ちました。

一時期には200万円を超えていたビットコインも、今では100万円すら見えなくなってきてしまっています。

2018年4月頭では、70万円台にいるのです。

バブルの相場にはいまだに回復していない日本経済

バブルのピークのころの日経平均株価は、38915円です。

でも今の日本の平均株価はだいたい21000円から22000円の間くらいにいます。

そしてバブル崩壊から20年以上たっても、いまだにバブルの水準の株価にはなっていないのです。

このことから何が言えるのかというと、仮想通貨がもう一度仮想通貨バブルの時のようになるのは、厳しいかもしれないということです。

もちろんこれは過去の例に照らし合わせただけなので、そんな過去の例なんてあっさり乗り越えて、気が付けば300万円くらいになっている可能性もあります。

でも、逆にこれからもじわじわ下がり続けて、この年末には10万円くらいになっているという可能性だってあるのです。

だからといってもう遅いということはない

ただ、そんな風にバブルが崩壊してしまっているからと言って、仮想通貨に参入するのがもう遅いかと言われると、そんなこともありません。

バブル崩壊後の経済の中でも勝ち抜くことは十分にできるのです。

もちろんいけいけの頃に比べると、勝つには戦略が必要にはなります。

いけいけの頃は、買ってもっているだけで自然と資産が増えていきました。

しかし、現状はそうも行きません。

ちょっと上がっては下げ、ちょっと上がっては下げを繰り返しますから。

だから逆にそれを利用するのです。

20パーセントくらいのあがりならざらにある

このバブル崩壊後ともいえる今の仮想通貨でも、20パーセントくらいの価格の上がり方ならば、割と頻繁にあります。

その後じわじわ上がる前に価格を落とすことも多いですが、それでも上がることもあるのです。

そうして価格が上がることがあれば、20パーセント上がった時に売って、そしてまた価格が落ちるのを待って買うということを繰り返していけば、じわじわと資産を増やしていくことは可能になります。

もちろんそれは、必ずしも上手くいくわけではありません。

20パーセント上がっている時に売れるとは限らないからです。

もしかしたらそのまま30パーセント上がるかもしれませんし、10パーセントくらいの時点で焦って売ってしまう可能性だってあります。

ただ少なくとも、儲かる可能性がまだまだあることは間違いありません。

今からでも、仮想通貨に参入することは十分におすすめできます。

20パーセントが数日でアップする投資商品はそうない

投資と言えば、FXや株が思い浮かびます。

でも、株もFXも、基本的にはそこまで変動があるものではありません。

株価なんて、5パーセントも動けば暴落とか暴騰と言われます。

FXは、もっと動きが少ないものです。

ただFXの場合は、基本的に高いレバレッジをかけて行いますから、あまり変動がなくても大きく儲かる、あるいは絶望的なほどに損をすることもありますが。

リスクは最低限にしつつハイリターンの期待がある

レバレッジをかけるのはやはり危険です。

大きな借金を背負ってしまう可能性もあります。

でも株価のように5パーセントくらいしか動かないのであれば、もともとかなりの資産がないと戦えません。

たとえば、1万円で株を買って1か月で5パーセント上がっても、10500円になるだけです。

それでは意味がないです。

しかし仮想通貨は、10000円で買ったものがその日のうちに12000円になったりします。

それをまたやれば今度は12000円が14400円になります。

一か月で見れば倍以上に出来ることだってあるのです。

それもこの、バブル崩壊後と言える状況で。

だから、まだまだこれから仮想通貨に参入することも十分にメリットがあるんです。

ただしかける金額には注意が必要

ただ、下がり相場であることには注意が必要です。

たとえば、20パーセントアップで売ることを4回繰り返して、結果180パーセントになったとしても、次に買った時に買値から80パーセント下がることも、全然あるのです。

もしそうなったら、それまでにコツコツ頑張ってきたことは、すべて無駄になってしまいます。

それはすごくショックを受けるものです。

それのショックで仮想通貨投資を辞めたくなることもあるくらいです。

落ちるときは一気に落ちる

また、上がるときには20パーセントアップかける数回というかたちでしか大きく資産を増やすのが難しいのが今の仮想通貨ですが、落ちるときには一気に落ちます。

だから、50パーセント60パーセント落ちることは全然あると思っていた方が良いです。

それを頭に入れて、かける金額には慎重になることをおすすめします。

つまり、10000円を12000円にして、それを14400円にすることが出来たとしたら、いったん4400円はないものとして考えるのです。

次に買う時には、10000円分だけ買うようにします。

そうすることによって、10000円を5000円くらいにしてしまったとしても、実際には手元にあるのはほとんど投資前と同じ金額になります。

逆に14400円で買ってしまっていたら、手元にあるのは7200円になってしまうでしょう。

それでは損も大きです。

今の状況では、こうしたリスクケアをしつつ戦わないとならないのです。

それでもやる価値はある

ただそれでもやる価値はあります。

なぜなら少額で戦っても利益が見込めるからです。

先述のとおり、投資では少額で、かつ投資金額以上のリスクを負わないで成果を見込むのは難しいです。

でも、仮想通貨の場合はそれも可能です。

そして投資金額が少なければ、たとえそれが少なくなってしまったとしても、そこまで生活にダメージを受けることはありません。

もちろんその分生活を変えるほどの大儲けを期待することはできません。

あくまでもお小遣い稼ぎとか、副業程度の儲けにはなるでしょう。

それでも、やるだけの価値は十分あります。

まとめ

仮想通貨は今からでも遅くはないというのがここでの結論になります。

テレビでは良くないニュースが流れ、おそらく周りの人の間では、仮想通貨はもう遅いと言われることの方が多いのではないでしょうか?

でも、ここで見てきたように、まだまだ参入する価値はあるのです。

だから一度是非よく考えてみて下さい。

そしてもし参入するならば、うまくリスクケアをしながら戦っていってください。