確実な儲け方?仮想通貨でのアービトラージは誰でも利益につながる?

仮想通貨でも、アービトラージを行っている方はいます。

でも、実際仮想通貨でのアービトラージは儲けに繋がるのでしょうか?

もしそれが確実な利益に繋がるのであればそれをしたいと考える方も多いでしょう。

そこでここでは、仮想通貨でのアービトラージは誰でも利益につながるのかということについて見ていきたいと思います。

そもそもアービトラージとはなにか

まず「アービトラージ」ってなに?

という方もいるでしょう。

その方の為にはまずはアービトラージとは何かということについて見ていきます。

アービトラージというのは、簡単に言えば、安い取引所で買って高い取引所で売るという、転売のようなものになります。

取引所での仮想通貨の価格は、取引所ごとに違います。

たとえばビットコインでいえば、100万円で取引されている取引所もあれば、同じタイミングで94万円で取引されているという取引所もあるのです。

そんな時94万円の取引所で買って、すぐに100万円の取引所に送金してそこで売れば、それだけで6万円の儲けが出ます。

ましてやそれを1日に何回か行えば、1日に10万円くらい稼ぐことだって出来ます。

理論上は。

そしてこの方法であれば、リアルタイムの話なので、たとえば10時間後に価格がどうなっているかとかはあまり気にしなくてもよくなります。

だから、確実な儲けに繋がると言われるのです。

勉強の必要もない

そしてアービトラージのメリットはそれだけではありません。

価格の差異だけ気にして、今後の推移などは関係ないのですから、別に仮想通貨に対しての高い知見や、経済の動向を探る時間などは必要なくなるのです。

ということは、素人でも儲けが出せる可能性が高いということになります。

では実際仮想通貨のアービトラージで儲けを出すことはできるのでしょうか?

儲けを出すには莫大な元手が必要

アービトラージでは、価格の差異がすごく重要です。

でも実際、たとえば10パーセントも価格に差異が生じてくるということはほとんどありません。

せいぜい3パーセントとか4パーセントあればよい方になります。

多くに場合では1パーセントか2パーセントくらいの差異です。

では、1パーセント差異で1万円もうけを出すには、どれくらいの金額が必要になるでしょうか?

計算はすごく簡単です。

1パーセントの100倍が100パーセントなのですから、1万円の儲けを1パーセントの差異で出すためには、100万円の元手が必要になります。

だから、仮想通貨のアービトラージで儲けを出すには、かなり元資金がないとなりません。

何回か繰り返せば良いが

確かに、1回で1万円の利益を出すには元資金が100万円くらいは必要になりますが、アービトラージでは別に1回で1万円の利益を出さなくても良いでしょう。

たとえば、5000円の利益を2回でも良いのです。

2500円の利益を4回でも、1000円の利益を10回でも良いのです。

1000円の利益を10回ならば、10万円あれば可能になります。

でも、これにはリスクがあります。

アービトラージの回数が増えれば増えるほどに、失敗する可能性も増えていくのです。

一見すると失敗するリスクがないように見えるアービトラージですが、別に失敗しないわけではありません。

仮想通貨はボラリティが高い

特に仮想通貨の場合は失敗する可能性が高いです。

なぜなら、さっきまで100万円だった価格が、1分後に99万円くらいになっているということも全然珍しくないからです。

1パーセントの差異は確かに生まれやすいですが、その分その差異はすごく埋まりやすいのです。

だから、かなりタイミングを見極めないとなりません。

そうしないとアービトラージは失敗してしまうのです。

送金に時間がかかるものも多い

そしてアービトラージの場合は差異がある、つまり売りたいときに素早く送金をして、そして素早く売る必要があります。

でも、残念ながらそれがうまくいかないこともあるのです。

なぜなら、仮想通貨の送金は、リアルタイムでできないことも多いからです。

送金に1時間くらいかかってしまうことは、ざらにあります。

特にビットコインの場合は、扱う人が増えてきていることによって、送金が詰まり気味になっているのです。

だから、そうして時間がかかることが特に多いです。

でも、時間がかかっていたら、当然差異が無くなっている可能性も高くなります。

それどころか、むしろ送金先の取引所の方が価格が高くなってしまっているということも起こり得るのです。

それではアービトラージで儲けを出すことはできません。

特にビットコインでアービトラージをする際には、そのリスクは大きくなります。

スピードに定評のある仮想通貨もあるが

たとえばリップルは、スピードにすごく定評があります。

5分くらいで送金することはできます。

でも、それでも5分かかるのです。

もちろん早い時はもっと早いですが、やはり「適切なタイミングで」売り買いするというのは、簡単ではないです。

理論上は確実に儲けを出せたとしても、決してそんなに簡単なことではないというのが現実になります。

そして実際、リップルなどのスピードに定評のある仮想通貨では、まだそれを取り扱っている取引ところがそこまで多くありません。

それを取り扱っている取引所がすごくたくさんないと、アービトラージで利益を出すのはますます難しくなります。

だから、アービトラージも決して確実な儲けの手法ではないのです。

むしろ、元資金がどうしてもたくさん必要になってしまったり、そこまでおすすめできる方法ではないというのが私の意見です。

元手に余裕があれば話は別

ただ、元手に余裕があれば話は別です。

たとえば、500万円くらい別に使わないお金があって、それを使って何かしたいと考えているのであれば、アービトラージもおすすめできます。

それだけの資金があれば、仮に0.5パーセントくらいの差異でもすごく大きな儲けになりますし、たとえチャンスを逃したり最悪失敗したとしてもそこまで大きなダメージは負わないでしょう。

だから元手にすごく余裕があれば、アービトラージは十分おすすめできます。

多くの方が元資金がないのが現実

ただ残念なことに、そこまでの元資金がある方というのはほとんどいないのが仮想通貨の今の現実です。

仮想通貨を行っている人の多くは、若い人です。

そして若い人の多くは、そこまで資金的に余裕がありません。

500万円くらいの大金を投資につぎ込めるだけの余裕がある人は本当に一握りです。

だからだいたいの人にとっては、アービトラージはそこまで良い方法ではないということになります。

もし仮想通貨で儲けを出していきたいのであれば、しっかりと仮想通貨や経済について学んで、価格変動の中で勝負していくのが一番です。

それを繰り返して、いずれ元資金が出来たら、その時にまたアービトラージを考えればよいでしょう。

もっともそのころには、普通の取引にはまってしまっている可能性はすごく高いですが。

まとめ

仮想通貨でのアービトラージは、ごく一部の人をのぞいてはあまりおすすめできないというのがここでの結論です。

決して、誰でも確実に儲けを出せるような方法ではないのです。

たとえば借金などをして元資金を作ってそれでアービトラージをするということも可能ではありますが、それはやはりリスクが極めて高くなります。

投資は、できればリスクを少なくして行うのがおすすめです。