話題の仮想通貨ってそもそも何?投資対象?それともお金?

巷で話題の仮想通貨、誰でも一度は耳にしたことがあるはずです。

しかし実際、仮想通貨ってなんなの、と言われた場合中々説明するのが難しいのではありませんか。

仮想通貨で儲けたとかいう話は聞いても、何でそれで儲けられるのかと疑問に思ったり、それってつまり株なのと思ってしまったりしませんか。

基礎的な仮想通貨のあれこれを、おさらいしてみるのはいかがですか。

通貨ってのは要はお金のこと?普段使っているお金を振り返ってみる

通過というからには、お金としての機能があるということですね。

日常当たり前に使っているお金と、ある意味同じはずです。

お財布の中に入っているお金は、いわゆる法定通貨です。

国が定めて取引のできる価値を与えた、通貨ですね。

これも考えてみると、ただの紙だったりしますから価値って本当にあるのかと、考えてみれば不思議に思うはずです。

昔は金貨や銀貨、小判などの希少金属で作られたお金が主流でした。

つまり本当に貨幣自体に価値があったのです。

それが紙幣に変化して、それでも価値があるということは、そのバックにある国や銀行に信用があるということですね。

意味は違いますが、考えてみるとこれもまた仮想のお金のような気もします。

仮想通貨というものは国境を超える?

デジタルが当たり前の世の中になり、インターネットのおかげでリアルタイムで離れた国の人とも情報が共有できる世の中になりました。

勿論クレジットカードなどの普及で、法定通貨がなくても仕事上のもしくは、プライベートな買い物も決済も出来るように世の中です。

法定通貨もまた、他の国の法定通貨にすぐに換金できるようになっています。

しかし仮想通貨の場合、インターネット上での取引に使用すれば、手数料などの発生も少なく使用ができるので、国際的な取引の場合に大変便利に使用できる通貨なのです。

海外旅行の場合を考えると、空港とか銀行でお金を行き先のお金に換金します。

そこで手間と手数料が発生します。

行った先で足りなくなったら、又同じ手間を掛けます。

帰国後余ったお金は、又手数料を支払って自分の国の通貨に変更します。

普通の通貨にはこうした、国境があるものなのです。

しかしネットを基本とした仮想通貨の場合、この国境は殆ど感じずに済むということですね。

こんなに便利な仮想通貨

では実際に、どういった場面や取引で仮想通貨というのが便利なのか見てみましょう。

取引もリアルタイムで即終了できる

仕事での取引のときなど、銀行を通して取引先の銀行にお金を送金します。

これが国内ならさして問題はありません。

しかし国際的な取引になると、まず自国の銀行に入金して手数料を払い相手国の貨幣に換金します。

その後また手数料を支払って、相手の銀行に振り込むわけです。

時間も手間もかかりますし、手数料も馬鹿になりません。

これはが仮想通貨を使用すれば、仮想通貨に換金する時の手数料だけで済み、時間もかからずほぼリアルタイムで相手の口座に入金ができるのです。

海外のネットショップをよく利用する

仕事上の大きなお金の動きもそうですが、個人で結構海外のネットショップを利用する人にも、仮想通貨はおすすめです。

今まではクレジットカードでの決済が当たり前のこの取引でした。

しかしクレジットカードでの決済にも、自国の法定通貨と相手国の法定通貨を交換することが必要になります。

この時にタイミングによっては、損をしてしまうことがありますね。

円高か円安かによっても、結構値段に差が出てしまいます。

為替相場は刻々と変化しています。

それを考慮に入れての取引は、正直面倒ですしなかなか難しいものです。

仮想通貨ならここでも、手数料は購入のときだけで済みますし、リアルタイムでの決済が可能です。

時短にもなりますし、節約にもなりますね。

くわえて心配な、クレジットカード使用による情報の流出も避けられますので、その意味でも安心ですね。

海外への送金がよくある

家族の誰かが留学をしているなど、折々に送金が必要な場合も、手数料の発生の少ない仮想通貨はおすすめです。

海外送金というのは経験した人にはおわかりでしょうが、個人でやると結構面倒なものです。

手間も手数料も馬鹿になりません。

しかも時間がある程度かかりますので、急いでいる時にはかなり双方焦ることになります。

仮想通貨を使用すれば、そういったストレスからも開放されるのです。

海外旅行でも使用できる店が増加中

海外旅行では現金はあまり持っていかないほうが、とよく言われます。

なので一昔前は、トラベラーズチェックを持っていく人が多かったのです。

一種の小切手のようなものですが、盗難補償などついていましたので使い勝手は悪くなかったですね。

大手のクレジットカード会社とか銀行で発行していました。

近年クレジットカードの使用が当たり前になり、このトラベラーズチェックは無くなってしまいました。

そしてカード社会になったわけですが、またここでも盗難の危険が出てきたのです。

そこで仮想通貨での海外での支払いが、近年注目されてきました。

幸いなことに実店舗で使用できる店が増えてきています。

つまりネット上だけでなく、仮想通貨の利用はリアル社会でも出来るようになってきているのです。

海外旅行の際に用意しておけば、安全に利用が出来るという人近いですね。

仮想通貨は簡単に購入できるもの?

でも仮想通貨はどこで購入すればいいのか、そのへんが気になりますね。

これはネットをやっている人なら、非常に簡単に手に入れることができます。

現在では多くの仮想通貨取引所が出来ています。

どこもネット上で決済できますので、面倒がありません。

クレジットカードでの入金も出来ますし、振り込みでの入金も可能です。

ここなら良さそうだと思った取引所に登録して、後は入金すればいいだけです。

仮想通貨の初心者の場合、名の知れた取引所で有名どころの仮想通貨を購入するところから始めるのがいいですね。

特に上記のような利用を目的とする場合、世界的に使用されている仮想通貨を選ぶのが最も面倒がありません。

各取引所によって手数料に違いもありますので、そこにも注目したいところです。

最後にちょっと疑問に思う人いませんか

近頃の仮想通貨の話題は暴騰したり暴落したりで、投資対象だと思っていたと言う人、少なくないはずですね。

実際昨今の状況を見ていますと、そう思われても当然と言えます。

しかし述べてきましたように、仮想通貨はその名の通り通貨なのです。

通貨として商品の取引や送金に使用ができる、通貨なのです。

たとえ、相場が下がってしまってすごく損をした、と思った時でも通貨として使用はできるのです。

株などの投資対象と違うのは、まさにそこです。

相場だけを見るのではなく、仮想通貨としての使用を把握して使ってみてください。

大変に便利に使用ができる通貨ですので、特に国境を超えての取引の多い人にはおすすめです。

通貨としてしっかりと利用、ついでに気がついてみたら相場が上がっていたので得をした、など二度美味しい思いができるかも知れませんね。

まとめ

今さらちょっと聞けない感じの、仮想通貨の基本を述べてみました。

あくまでもお金としての利用ができるということを、念頭に置いておくのが一番です。

実際仮想通貨は、通貨としての利用が目的で作られたものです。

相場対象ではなく、お金として把握すると別な面が見えてくるはずです。

基本に返って見直してみるのはいかがですか。